【バルセロナ】グエル公園とサグラダ・ファミリア【ヨーロッパ周遊の旅3】

旅行

✔︎ 本記事の内容

・サグラダ・ファミリア
・グエル公園
・地中海

この旅について

2019年3月、2週間でヨーロッパを周遊してきました。訪れた国、場所は次の通りです。

  • スペイン:バルセロナ
  • フランス:パリ、モン・サン・ミシェル
  • スイス:チューリッヒ、ツェルマット
  • イタリア:ミラノ、ベネチア、ローマ
  • オーストリア:ウィーン
  • スロバキア:ブラチスラバ
  • ハンガリー:ブダペスト
  • バチカン市国

バルセロナとローマ・バチカンは一人旅、それ以外は4人で行動しました。基本的に電車移動で、ブダペストローマ間だけ飛行機を使いました。

今回は、バルセロナ2日目。グエル公園とサグラダ・ファミリア、地中海に向かいます。

グエル公園

昨晩は早く眠りについたので、まだ6時だと言うのに目が覚めてしまう。朝のグエル公園を訪れることにする。グエル公園は朝に限って無料で入れるという。

3月のバルセロナの7時前はまだ薄暗い。太陽の気配を全く感じることのない朝。昨日の日中はあんなに賑わっていたバルセロナの街だが、人の気配が全然ない。ヨーロッパの朝は遅い。

Passeig de Gracia駅から地下鉄に乗る。地下鉄はスリが多いと思ってガラガラの電車でやたらと警戒してみたが、そもそも人が全然いないのだからすられようもないと気づく。駅について地上へ出ると、ようやく太陽の気配を感じる。建物に反射する陽の光が一日の始まりを告げる。地図を見ながら適当な階段を見つけて登ることに。登ること数分、眼下に見える自分が辿ってきた道がいい感じ。いい感じにヨーロッパの坂道。

登ってみたは良いが、どこにグエル公園の入り口があるのか全然わからない。またもや適当な階段を上ると、どうやらグエル公園には入れた模様。遠くにバルセロナ市街を一望できる。朝の光に照らされるバルセロナ市街の美しかったこと。こんな景色を見ながらランニングしているスペインの人になってみたさがある。サグラダファミリアも見えるし、地中海まで一望できる。

曲がりくねった道を適当に進むと、どこが有料ゾーンと無料ゾーンの境目なのかもよくわからず待ちわびたトカゲの噴水が見えてきた。ガウディの世界が広がる。トカゲはいい顔をしているし、空はどこまでも青い。市場になる予定だったという柱の並ぶ空間を抜けて、階段でその空間の上へ。バルセロナの街並みが広がるのを楽しみに、洒落たベンチを横目に先に進むと何度も写真で見たような光景が。グエル公園の建物越しに見えるバルセロナの街並み。お菓子の家とガウディの曲線、そしてバルセロナ。こんな景色を目に焼き付けようと努力して、シャッターを幾度となく切る。逆光になってしまうことだけが残念。地中海から昇ってくる朝日を眺められるのは素晴らしいのだけど。

時差ボケなのか、早く起きすぎたからなのか、気を使っているからか何だか分からないけれどとても疲労を感じる。まだ朝9時にもならないが、一旦宿に帰ることにする。

ヨーロッパの朝の街並みを歩くのはとっても愉快だった。バルセロナの中心部とは違って、日本の街にもどこか似ているマンションの並ぶ通りを抜けて駅へ。地下鉄に3駅揺られて宿へ。朝ごはんを多めにいただいて、しばしば昼寝。目覚めるとちょうど昼の12時。サグラダファミリアを見に行こう。パエリアを食べに行こう、地中海を見に行こう。

サグラダ・ファミリアへ

意気揚々と街に繰り出す。昼寝、スペイン風に言えばシエスタの効果は抜群で足取りが軽い。いつもとは違う方、つまり山の方にグラシア通りを進む。太陽と情熱の国というだけあって、日本にいる時以上に眩しい日差しが燦々と降り注いでいる様な気もする。少し歩くとカサミラが右手に見えてくる。これもガウディの建築か、というくらい。中の方が見所だよ、みたいな表示があったけれど、これに€20も学生は払えない。というわけで外を一通り見たらDiagonal駅へ。ここから地下鉄のL5線に乗って一気にサグラダファミリアへ。

改札を出て地上に出る。どこにサグラダファミリアがあるのだろうかと体を時計回りに一回転させると、すぐに巨大なサグラダファミリアが目に入る。身体が芯から震えるのを感じる。建物を見て体が震えるなんて初めての体験だった。ずっと前から、いつか来てみたいと思ってきた場所だけに喜びは一入。

まだ入場まで15分くらいあったので、とりあえず外観の写真を収めることにする。隣の公園の池越しにサグラダファミリアを見る。いやはや大きい。この時はまだ気づいていなかったのだが、公園から見えているのは生誕のファサードだけでメインの塔は完成していない。このファサードだけでも見応え十分。飛行機を目前にしたときの様なイメージと実物のサイズ感の相違を感じた。

13時を迎えたのでとりあえず入場。チケットを軽くチェックされてから空港さながらの荷物検査。そしてQRコードをスキャンして入場。近くから見ると、あらゆるところに細かな装飾が施されているのがわかる。サグラダファミリアという文字もある。賞賛を集めるのはこういう小さな拘りによるものなのか。よく見ると木があったり、そこに鳩がとまっていたり。芸が細かい。

まずはオーディオガイドをレンタル。オーディオガイドなんていらないから安くしろよ、というのが普段思うところであるが、サグラダファミリアに関しては期待以上のものを提供してくれた。僕には十分すぎる説明のおかげで存分に楽しめた。

そしていよいよ生誕のファサードの中へ。カメラ以外のものをロッカーに預けてエレベーターで50mまで一気に上昇。そこからさらに階段を10mほど登る。高所恐怖症を克服した気がしたものの、全く克服できていなかった。ひどく足元が震える。日本と違って周りの建物の高さが低いから、とんでもなく高いところにいる気分に陥る。塔と塔の間の橋を渡るときの不安はもう味わいたくない。

怖さを感じさせるだけの高さだからか、バルセロナの街並みはここからもよく見えた。茶色を基調とした建物と、真っ青な地中海が映える。音を響かせるための穴が窓として、そして光を取り入れる口として機能しているわけだが、そこから見える眼下の世界が怖いこと。階段を下っていると写真撮ってくれませんか、と日本語で話しかけられる。聞いてみれば大阪大学に留学していたタイ人とのこと。日本人だってバレているのか。タイ人、大阪大学と何かしら縁のある3月。談笑しながら無事に階段を下り終える。一安心。

生誕のファサードに行く際にすでに少し目にしていたのだが、サグラダファミリアは内装も外観と同じ、あるいはそれ以上の見どころ。やたらと天井が高く開放的で、柱は森を思わせる作り。何よりステンドグラスから差し込む光は朝をイメージした光や、夕方をイメージした光で、それぞれが柔らかな明かりをもたらす。

昔九份に行ったときにこんなにいい観光地はないと思った記憶があるが、サグラダファミリアに関しても同じものを感じた。ガイドブックの解説が裏切らない観光地、ガイドブックの解説以上の観光地。サグラダファミリア は100年完成しないなんて言われていたけれど、技術の進歩で2026年には完成するのだとか。2026年の再訪を誓って、ずっとサグラダファミリアに居たい気持ちにケリをつける。荘厳とか、そんな言葉では表せないくらいに感銘を受けた。

昼ごはんはパエリア

空腹に始まる気だるさに襲われたから、遅めの昼ご飯を探してしばし散歩。1人用のパエリアが食べられるというCastell de Xativaに向かう。少し高級感のあるレストラン。日本人らしき人を発見。Japanese?と聞かれて日本語のメニューを渡される。日本人が多く来るみたい。オススメの中にあったシーフードパエリアと水を注文。2日に1回くらいは値段を気にせず食事を楽しんだって良いだろう。しばらくして着丼。ようやくスペインでスペインの料理を楽しめる幸せ。熱いかなと思って注意して口に運ぶと、噛めば噛むほど美味しさが広がる。これがスペインのパエリアか。水を飲みつつ少し休憩して、4時ごろ出発。サンパウ病院を見に行くことをする。

案外近くにあった地下鉄の駅からまた乗り込んで、今度はサグラダファミリア駅を通り過ぎてSao Pau駅まで。少し歩くと病院が見えてくる。これが100年くらい前のヨーロッパスタイルの病院か。入るかどうかかなり迷ったけれど、また医者になってからバルセロナに来ることにして、そのときに訪れることにする。

サグラダファミリアへの憧憬が尽きないから、サンパウ病院からサグラダファミリアまで歩く。綺麗な斜めの道。直角の道との交差点がいちいち面倒。2回横断歩道を渡らなければいけないし。少し詳しくなったサグラダファミリアをじっと見ながら歩いていく。案外サグラダファミリアは近くて、すぐにお別れ。またまた地下鉄に乗って今度はバルセロネータを目指す。

地中海へ

バルセロネータから海までの距離は思ったよりも遠い。ヨーロッパのリゾート感の強いところを歩いて行って、適当なところで左に曲がる。左に海があるから左に曲がっただけなのだが、僕のイメージしていたヨーロッパの街並みがそこには広がっていた。しかもそんな街の先には海が見える。海を目指して歩くとそこにもまたイメージ通りのヨーロッパの海が広がっていた。海はまだ寒そうだけれど、砂浜で遊ぶのは気持ち良さそう。とはいえ一人だし、何も海で遊ぶ道具は持っていないから撤退。アジア人が一人で入り込むのはちょっと難しそう。東南アジアの海が綺麗なところに行くのが良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました